電子カルテと紙カルテの違い

紙カルテと電子カルテの違いは、紙の手帳とスマートフォンの手帳の違いに似ています。

紙の手帳は手っ取り早く使えて、バッテリーの心配もありません。

スマホは使い方を覚える必要がありますが、文字は見やすく、情報の移動・差し替え・修正が簡単で、検索もできます。他のアプリとの連携や、データの使い回しも可能です。

紙カルテと電子カルテの違いもまさにそんな感じです。紙カルテは使うのが簡単、ただし紙がたまります。電子カルテは入力に慣れが必要ですが、データの再利用が簡単で紙が必要ありません。

電子カルテは、入力サポート機能が豊富。

電子カルテの入力は、慣れるとだいぶ効率化できます。タイピングが遅くても大丈夫。メディコムの電子カルテには入力補助機能がいろいろ搭載されているので、使い方に慣れれば、手描きよりもずっとスピーディーにカルテを作れるようになります。

例えば、液晶画面のボタンをタップするだけで、よく使う所見や処方等を入力できます。
入力内容やボタンの数も自由に設定でき、指でもペンでもマウスでも操作できます。

ワンタッチ入力

その他、詳しくはこちらもご覧ください。

テンプレートで入力簡単、抜け漏れなし!!

メディコムの電子カルテなら、主訴、所見、病名、お薬、検査など、テンプレート化されたシート画面から選択するだけでカルテの入力ができます。

シートをいくつ作ってもサッと選べますから、疾患別に作ると便利です。テンプレート化することにより、抜け漏れ防止にも役立ちます。

シェーマが豊富でカラー表示

メディコムの電子カルテなら、シェーマのテンプレートが豊富で、タッチペンを使って正確に記入することが出来ます。カラー表示で見やすくなっています。

シェーマタッチペン

紙カルテのデータ化以外にも、広がる使い道。

電子カルテは、ただ単に紙のカルテをデータ化するだけのものではありません。

お薬データベースや検査結果データと連携して患者さんへのインフォームドコンセントに役立てたり、院内の画像データの一元管理、外注検査センターとの連携、診断書などの文書作成など、クリニックのIT化の中心として活躍してくれます。

お問合せはお気軽にどうぞ

<本社 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せ・資料請求