電子保存の三原則とメディコムの安心機能

日本初のレセコンとしてスタートした、パナソニックのMedicom(メディコム)シリーズは、安全対策の作りこみが違います!!

電子保存の三原則とは?

電子カルテ・レセプトコンピューターなどのガイドラインとして、厚生労働省のHPにはこのように書かれています。

「法的に保存義務のある文書等の電子保存の要件として、真正性、見読性及び保存性の確保の3つの基準が示されている。それらの要件に対する対応は運用面と技術面の両方で行う必要がある。」
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版(平成29年5月)第7章より

簡単に言うと、電子保存は真正性・見読性・保存性の3つの基準を守ってください。ということです。それぞれの基準は、下記のような意味です。

真正性とは?

  • 作成された記録に対し、書き換え・消去などが防止されていること。
  • 記録作成の責任の所在が明確なこと。

見読性とは?

  • 記録がただちにはっきり読めること。

保存性とは?

  • 記録された情報が、法令などで定められた期間にわたって、真正性と見読性を保つこと。

以上、当たり前のことのようですが、電子データは変更・消去が容易ですから、こういった対策はたいへん重要です。

メディコムの電子カルテ・レセプトコンピューターは、以上の基準に適合していることを常にチェックして開発されています。

世の中には、改ざんできてしまう電子カルテもあるようですから、電子カルテは気をつけてお選びください。(参考:2013年5月23日 読売新聞の記事

その他、メディコムの安心機能

電子保存の三原則をクリアーするのは当然のこととして、それ以外にもメディコムには安心して使っていただくための各種機能が搭載されています。

チェック機能と入力サポートで、人的ミスを防止

メディコムの電子カルテ・レセプトコンピューターには、正確なカルテ・レセプトを作るためのチェック機能がたくさん搭載されています。

また、各種入力サポート機能により、入力を素早く・正確に行えるようになっていますから、パソコンが苦手な方にも自身を持っておすすめできます。

チェック機能について、詳しくは【こちら】をご覧ください。

バックアップ機能で災害時も安心

メディコムにはいろいろなバックアップ機能があり、必要に応じてお選びいただけます。

  • ハードディスクを二重化する「ミラーリング」
  • サーバ障害時にもクライアント・サーバ運用が続けられる「セカンドサーバ機能」
  • データセンターにデータを保管する「ネットワークバックアップ」


※機種によって搭載機能が異なります(一部オプション)。詳細は弊社担当までご確認ください。

メディコムの電子カルテ・レセコン

電子カルテ


レセコン一体型電子カルテの最新版、「Medicom-HRV」はこちらです。

レセプトコンピューター

将来的には電子カルテを導入したいけど、今はレセコンだけでいい、という方はこちらのレセコンはいかがでしょうか。Medicom-HRiV 
のちのち電子カルテが必要になった時、オプションソフトを導入すれば、電子カルテとして使えるようになります。

お問合せはお気軽にどうぞ

<本社 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せ・資料請求