PharnesⅢ-MX(電子薬歴)

保険薬局用 電子薬歴システム
PharnesⅢ-MXの画面

2014年4月の調剤報酬改定にも対応!!

今回の改定では、薬剤服用歴管理指導料の算定要件として、処方せん受付後、薬を取り揃える前に、服薬状況や残薬の状況などを患者さんに確認することが明文化され、「先確認」が義務化されました。

PharnesⅢ-MXならタブレットPCを利用して、受付した処方せん入力と患者さんから服薬情報の収集・記録を同時に行うことができます。処方せん入力と先確認をタイミング良く素早く行えます。

PharnesⅢ-MXの先確認

さらに、患者さんの残薬を確認しやすくする「服薬状況確認書」を印刷できます。お薬と一緒に患者さんに渡して、もしお薬が余ったら、次回来局時に数量を記入して持って来て頂くための用紙です。服薬状況の確認が確実・簡単になります。

在宅訪問もしっかりサポート

テンプレートなどを使って、計画書・実施記録・報告書を効率よく簡単に作成できます。

服薬指導の結果は薬歴に反映して一元管理。計画書/実施記録/報告書タブを使って、薬歴と一緒にファイリングするイメージで在宅関連のデータをまとめられます。

さらに、オプションの訪問支援接続ソフトとiPadを使えば、訪問先で服薬指導実施内容などを入力・送信できます。薬歴への転記・報告書作成も自動でできます。

Pharnes3の在宅支援

スキャン取込でスピードアップ!!

処方せんをスキャンして、患者登録画面や処方入力画面に表示できます。2次元コードを読み取ることもできますので、スキャンした患者さんの情報を「処方情報一覧」に追加できます。

また、スキャンした処方せんを自動的にプリンタから印刷も可能です。受付カウンターで処方せんをスキャンして、調剤室から処方せんのコピーをプリントアウト。調剤をスピードアップできます。

その他、保険証、質問票、検査結果などもスキャンして保存できます。

PharnesⅢ-MXのスキャン取り込み

画面が大きい!!

フルHD(1,920×1,080)に対応、患者情報が見やすくなりました!!

薬歴表紙、鑑査情報、過去薬歴などを一度に表示できるので、手間がかからず、必要な情報を一度に確認できます。処方鑑査、薬歴作成がスムーズです。

Pharnes3-MXトップ画面

過去4回分の処方を表示できます

今回+過去4回分の調剤内容と指導内容を並べて表示でき、過去薬歴の変わった部分は色分けして表示されるので、処方の変化を簡単に確認できます。

また、長期投薬患者の来局予測も表示できるので、医薬品の在庫管理に活用できます。

PharnesⅢ-MXの比較表示

充実の各種データベース!!「使用上の注意」がいつも最新

「使用上の注意の改訂情報データベース」をネット経由で随時配信します。
患者さんに医薬品を安全にご使用いただけるよう、適切な情報提供と服薬指導ができるようになります。

PharnesⅢ-MXの改定情報

添付文書を素早く表示

医薬品の添付文書、OTCの添付文書のデータベースを標準搭載しています。

一般名データベースを搭載

処方入力時に一般名を検索すると、銘柄名を選んで簡単に入力できます。

後発医薬品データベースを搭載、利用を促進します。

「オレンジブック保険薬局版(企画編集:日本薬剤師会)」をデータベース化して、先発医薬品と後発医薬品の違いを分かりやすく説明する帳票を発行できます。

後発医薬品に変更することにより、年間の窓口負担額がどれだけ減るか、参考金額が表示されます。

PharnesⅢオレンジブック

テンプレートで入力が簡単

初回、再来テンプレートを使えば、新規来局時のアンケートから再来時の確認事項まで、必要な項目をもれなくヒアリングでき、入力もスピーディーです。

疑義照会用のテンプレートもあり、過去の疑義照会履歴を参照することもできますから、不要な疑義照会を未然に防げます。

PharnesⅢテンプレート画面

調剤録をペーパーレス化します

調剤録の電子保存機能を標準搭載しています。処方せん裏打ちによる紙詰まりの心配がなくなり、シールにプリントアウトする必要もありません。

PharnesⅢ調剤録

参考:平成11年4月22日付で厚生労働省(当時、厚生省)からの「診療録等の電子媒体による保存について」において、一定の条件(3つ基準の担保、運用管理規程の策定など)を満たすことにより、調剤録の電子保存が認められています。

薬局経営に役立つ各種帳票

指定した期間内の薬剤の使用量予測、調剤報酬集計、来局状況一覧、など、薬局経営をサポートする、分析・帳票出力機能が充実しています。

全国の国保総括表・国保請求書にも対応。居宅サービスの介護保険請求にも対応しています。

さらに、本部と各店舗をインターネットで結び、経営支援を行うPh-NetMaster(ファーネットマスター) 、安全なネットワークで患者さんの情報を共有できるPh-NetReach(ファーネットリーチ)などもございます。

写真付き薬袋などが出力できます

患者さん向けに写真入りの帳票類を出力できます。写真入りの薬袋、薬剤情報提供文書、後発医薬品情報提供文書、お薬手帳など。電子お薬手帳にも対応しています。

服薬指導やコミュニケーションが伝わりやすくなり、患者さんの服薬コンプライアンスがアップ。調剤過誤の防止や、患者さんの飲み間違い防止にも役立ちます。

PharnesⅢ-MXから出力される薬袋の例

メディコムなら安心のサポートとバックアップ!!

ネット配信型ソフトサービス(オプション)

インターネット経由で最新のデータベースや更新プログラムがタイムリーに配信されるので、ユーザー様のマシンは常に最新の状態にアップデートされています。特に標準コード情報(薬価収載医薬品の品名・薬価・医薬品コード等)は、原則、官報告知日またはその翌日に配信されます。

また、PharnesIII-MXから直接レセプトオンライン請求でき、専用ルーターを使って安全にインターネットとオンライン請求用ネットワークを切り替えることができます。【詳細はこちら】

セカンドサーバソフト(オプション)

セカンドサーバソフトをインストールしたマシンは、通常時は医事会計クライアントとして動作します。もしサーバ本体に障害が発生した時は、サーバ本体を切り離し、セカンドサーバを代替サーバ本体として運用することができます。

ネットワークバックアップ(オプション)

電子カルテやレセコンのデータが、終了時のバックアップ業務と連動してデータセンターにバックアップされます。

万が一、災害などでHDDや院内のバックアップが壊れてしまっても、外部のバックアップデータと代替機を使うことでデータの復旧が可能になります。【詳細はこちら】

各種オプション

PharnesⅢ-MX メーカーサイトはこちら(Panasonic)です。(別ウィンドウで開きます)

お問合せはお気軽にどうぞ

<本社 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せ・資料請求