中央ビジコム ロゴ
閉じる

クリニックのレセコン基礎知識

ご存じない方は少ないと思いますが、クリニック向け、レセコンに関する基礎知識です。

レセコンとは?

クリニックが「レセプト」を作ったり、「レセプト請求」を行うためのコンピューターで、「レセプトコンピューター」の略です。たいていクリニックの受付に置いてありますね。

ドクターが操作することはほとんどないので無頓着な方もいらっしゃるようですが、クリニックの経理関係の業務をになう、たいへん重要な機材です。

レセプトとは?

クリニックが患者さんに行った保険診療について、クリニックが「社会保険診療報酬支払基金」や「国民健康保険団体連合会」などに請求する、明細書です。「診療報酬明細書」とも言います。

患者さんの氏名・保険者番号や、病名・診療報酬点数などを記入して、毎月の分をまとめて、翌月5日から10日に提出します(これが「レセプト請求」)。レセプトは審査され、承認されると診療報酬がクリニックに振り込まれます。

レセプト請求のフロー

【参考】突合点検・縦覧点検

レセプトに間違いがあるとクリニックに診療報酬が入らないので、ミスなく・抜け漏れなくレセプト請求することが大切です。昔は事務員さんにレセプトに関する専門的な知識と事務能力が必要とされていましたが、今はレセコンによる自動チェックがだいぶきくようになっています。

【参考】レセプトのミスを防ぐ「点検アシスト」

ちなみに昔のレセプト請求は、なんと【紙】しか認められていませんでした。
1999年以後、業務効率化や不正請求防止などの観点から、レセコンの使用(レセプト請求の電子化)が推進され、現在はレセコンの普及率は100%近くになっています。

【参考】厚生労働省 電子レセプト請求の電子化普及状況等(平成27年4月診療分)について

レセコンの機能

レセコンで行う基本的な業務は、ざっと下記の通りです。

  • 患者さんの受付
  • 診療内容の記録(カルテとは別)
  • 患者さんへの会計
  • 処方せん発行
  • レセプト作成(診療内容を1ヶ月分まとめ)
  • レセプト請求

また他にも

  • 診療予約受付
  • 保険証スキャン
  • 来院分析
  • 経営分析

などができるレセコンもあります。
クリニック経営にお役立てください。