電子カルテのメーカーを変更する際の、旧データの取り扱い

電子カルテを乗り換えたい……

ときどき、他メーカーの電子カルテをお使いのドクターから、「メディコムの電子カルテに乗り換えたい」というご相談をいただきます。

レセコンに入っている患者さんの基本情報はメーカーが変わっても移植可能です。(念のため、移植可能な項目はご確認いただくのが確実ですが、メディコムにお乗り換えの場合はこのようになります。)

ただし、電子カルテはメーカーごとに異なる独自仕様でデータを保管しているため、データを簡単に移すことができません。古い電子カルテのデータをそっくりそのまま、別メーカーの新しい電子カルテで使えるようにするのはほぼ不可能です。

そこで弊社では、新しい電子カルテを使い始めてから、古い電子カルテのデータを見る、2つの方法をご提案しています。

旧電子カルテのデータを活かす方法

1.モニター切り替え方式

新しい電子カルテの近くに、古い電子カルテを置いておき、モニターを共有する方法です。すこし場所を取りますが、スイッチを切り替えるだけで古い電子カルテを表示できます。

カルテの保存義務期間もありますし、データの抽出・変換といった作業が必要ないので、シンプルで確実な方法です。

2.データ移し替え方式

古い電子カルテからデータを抽出・変換し、「e-Port Viewer」というソフトを使って、新しい電子カルテ上で古いデータを見る方法です。

新しい電子カルテ上で古いカルテデータも参照できるので大変便利です。ただ、データの抽出・変換といった作業やソフトに費用がかかります。

<参考>
★e-Port Viewer 公式サイト

お問合せはお気軽にどうぞ

<中央ビジコム 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム