ネットワークバックアップ(クラウド)

パナソニック ヘルスケア製、Medicom(メディコム)シリーズ専用のオプションです。

自動的に遠隔地にバックアップ

レセコン・電子カルテ・電子薬歴などのデータが、終了時のバックアップ業務と連動して、データセンターにバックアップされます。

万一の障害発生時には、バックアップデータを使って復旧します。もし災害などでHDDや院内のバックアップが壊れてしまっても、データセンターにあるバックアップデータと代替機を使えば復旧できます。

弊社取扱のレセコン・電子カルテ・電子薬歴など、ほとんどの機種が対応しています。

ご利用時の注意

  • ①ネットワークバックアップ(遠隔地にデータ保管)を行っている旨を、院内・局内に掲示する必要があります
  • ②弊社とサービスレベルアグリーメント(SLA)を結ぶ必要があります。
  • ③VPNアダプタはルータとハブの間に設置します。ルータのハブ機能を使用されている場合は、別途ハブの追加が必要です。
  • ④ルータのIPアドレスを変更する必要があります。
  • ⑤メディコム標準のネットワークアドレス形態(192.168.100.XXX)でない場合、VPNアダプタの特別対応が必要になります。

※詳しくは、弊社担当までお問い合わせください。

復旧の手順

災害などで、データと機器が壊れてしまったら……

①代替機を用意
②データを復旧
③運転再開
以上の3ステップで復旧できます。

※ネットワークバックアップの保証範囲は、データのシステムへの復旧作業までです。被害を受けたハード自体については、保証対象外となります。

よくあるご質問

ネットワークバックアップに必要な機器はありますか?

専用のオンデマンドVPNアダプターを設置いただく必要があります。

推奨のインターネット回線は?

光回線(フレッツ光等)を推奨します。
ADSLやCATVは光回線に比べ通信速度が遅いため推奨しません。

インターネット経由でのデータ送信は安全ですか?

専用のオンデマンドVPNアダプターを使用してVPN接続(IPsec+IKE)します。
オンライン請求でも使用されている通信方法の1つで、データの盗聴・改ざん・漏洩を防ぎます。

データを保管するデータセンターは安全ですか?

日本国内にある大手データセンターと提携しています。
提携データセンターは災害対策はもちろん、セキュリティーの評価基準であるISO 27001(ISMS)、ISO 20001(ITSMS)を取得しており、様々な公共サービスに利用されています。

お問合せはお気軽にどうぞ

<中央ビジコム 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム