中央ビジコム ロゴ
閉じる

レセコン導入に必要な機材

クリニック様が新規開業などでレセプトコンピューター(レセコン)を導入する際、一般的に必要とされる機材をまとめました。大まかに、下記のような機器が必要になります。
弊社でシステムご納品の場合は、ソフトだけでなく下記ハードウェア一式も合わせてご納品しますので、別途、機材を買う必要がありません。

レセコンの機材

必須の機材

パソコン

レセコンを使うには、まず Windows のパソコンが必要です。必要最低限の台数としては受付に1台です。

モニター

パソコンの台数分、モニターが必要です。

モニター

サーバー

院内ネットワークを構成するためにサーバーを設置します。

サーバー

インターネット回線

電子レセプト請求、システムアップデート、クラウドバックアップなどにインターネットを使います。
セキュリティを確保するため接続先が固定・制限されたり、自由にネットサーフィンできないように設定する場合が多いです。
インターネット回線

ルーター

インターネットと接続するための通信機器です。

ルーター

ハブ

院内ネットワークを作るために、ケーブルの接続口を増やす機器です。

ハブ

外付HDD(ハードディスクドライブ)

システムのバックアップ用として使います。ハードディスクを使う場合はRAID ※1 を組んで、ディスクの破損に備える必要があります。ハードディスクは消耗品と考え、4~5年を目安に交換することを強くおすすめいたします。バックアップにはクラウド ※2 という選択肢もあります。

外付けHDD

※1 RAID(レイド) | Wikipedia
※2 ネットワークバックアップ(クラウド) | 中央ビジコム

無停電電源装置(UPS)

災害時などコンセントからの電気が切れてしまった瞬間、レセコンに給電してデータを保存するための時間を作ります。給電は数分しかもたないことも考えられますから、停電したらすぐにセーブしましょう。製品にもよりますが、瞬断からもパソコンを守ります。

停電などがなくても通電しているだけでパッテリーが少しずつへたって来ますから、4~5年を目安に交換することをおすすめいたします。保証されている可用年数は製品により違うので、導入時に確認しておきましょう。

必要に応じて導入する機材

プリンタ

処方せん、領収書、紹介状などの各種書類を印刷するためにプリンターが必要です。クリニックに最低でも1台は必要でしょう。
一般的に、インクジェットプリンタは少量印刷向き(本体価格が安くてインク代が高い)、レーザープリンタは大量印刷向き(本体が高くて大量印刷が割安)です。

プリンタ

スキャナ

紙資料や写真などをデータとして取り込むのに使います。プリンタ一体型のスキャナもありますが、ある程度スキャナを使うのであれば専用機がおすすめです。一般的にプリンタ一体型などのフラットヘッド型は場所をとり、スキャンが遅いことが多く、複数枚の原稿をスキャンするのは手間がかかります。

複合機

専用機であれば原稿をフィーダーにセットするだけでスキャンでき、スピードも早いので便利です。また、保険証をスキャンして取り込む「保険証用スキャナ」もあります。患者情報を機械的に取り込めるので、ヒューマンエラーを防ぎ、窓口業務を効率化します。

連続スキャナ

以上がレセコン導入に必要な、おもな機材です。

電子カルテ・レセコンもご相談ください

私ども中央ビジコムは、全国シェア1位のPHC製、電子カルテ・レセプトコンピューターの正規販売代理店です。
1981年から販売・導入サポートを行っており、納品実績はのべ15,000医療機関になります。医療事務やレセプト請求にも詳しいですから、安心しておまかせください。
レセコン Medicom-HRiV、電子カルテ Medicom-HRV

お問合せはお気軽にどうぞ

中央ビジコム 企画部 HP担当
TEL:03-3836-1625(直)
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム