往診端末ソフト(ノートPC)

パナソニック ヘルスケアの電子カルテ、Medicom-HRV専用のオプションです。

どこでも電子カルテを使えます

必要なカルテデータをノートPCに移して、往診先や自宅でカルテの参照や入力ができます。
いつでもどこでも電子カルテが使えるようになります。

在宅への対応にも便利です

外出先でネットワーク回線を必要としないので、電波が入りにくい環境でも使えます。往診時、電波の状況が分からない時にも安心です。

また、ネットワーク回線を利用するモバイル端末ソフトとの併用も可能です。(別途、モバイル端末ソフトが必要になります。)

電子カルテの持ち出し手順

以下のようにデータを移し、外出先で電子カルテを使えるようになります。簡単です。

1.カルテデータをノートPCに移す

必要な患者データを電子カルテからノートPCに移して、持ち出します。

データを移す時にいちいち選ばなくても、施設単位で一括の持ち出しもできますので、手間がかかりません。持出し中の患者さんのカルテは、院内ではロックされます。(参照は可能です)

2.往診先や自宅でカルテを入力

持ち出したノートPCは、院内の電子カルテと同じ画面で使えます。往診先でも院内と同じ操作性ですから、診療を妨げません。

持ち出し先では新規入力のみが可能です。過去カルテの修正は行えないのでご注意ください。

3.外で入力したデータは、院内で一括取込

取り込みたい患者さんを選んで、データを取り込みます。
ノートPCから院内のPCに取り込まれたデータは「未承認」になるので、「承認」して保存します。「承認」の前に、電子カルテ上で修正することもできます。

ノートPCは、院内でクライアントとして使えます

ハードもソフトも無駄がありません。

外出先で印刷も可能

持ち出したノートPCにはモバイルプリンターも接続できます。ちょっとした印刷に便利です。

強固なセキュリティーで安心

設定した時間内に操作がないとスクリーンロックがかかり、パスワードの入力が必要になります。
また、持ち出したノートPCのカルテデータは暗号化されて保存されます。

お問合せはお気軽にどうぞ

<中央ビジコム 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム