在宅用 往診端末ソフト

どこでも電子カルテ

ノートPCにカルテを移動し、往診先や自宅でもカルテの参照や入力が出来るようになるソフトです。往診先や自宅から、いつでもどこでも電子カルテが使えます。

在宅への対応にも便利!! ネットワーク回線を必要としないので、電波の入りにくい環境でも使えます。電波の状況が分からない往診時にも安心です。また、ネットワーク回線を利用するモバイル端末ソフトとの併用も可能です。(別途、モバイル端末ソフトが必要になります。)

データ持ち出しの流れ

実際に、ノートPCにデータを移して持ち出す流れはこのようになります。

カルテをノートPCで簡単に持ち出せます

必要な患者データを電子カルテからノートPCに移して、持ち出します。データを移す時にいちいち選ばなくても、施設単位で一括の持ち出しもできますので、手間がかかりません。
※持出し中の患者さんのカルテは、院内ではロックされます。

往診先でカルテを入力

持ち出したノートPCは、院内の電子カルテと同じ画面で使えます。往診先でも院内と同じ操作性ですから、診療を妨げません。

自宅でもカルテを入力できます

ノートPCは往診先だけでなく、自宅に持って行っても使えます。ただし、持ち出し先では新規入力のみが可能です。過去カルテの修正は行えないのでご注意ください。

外で入力したデータは、院内で一括取込

取り込みたい患者さんを選んで、データを取り込みます。ノートPCから院内のPCに取り込まれたデータは「未承認」になるので、「承認」して保存します。
「承認」の前に、電子カルテ上で修正することもできます。

ノートPCは、院内でクライアントとして使えます

ハードもソフトも無駄がありません。

モバイルプリンターで印刷も可能

持ち出したノートPCにはモバイルプリンターも接続できます。ちょっとした印刷に便利です。

強固なセキュリティーで安心

設定した時間内に操作がないとスクリーンロックがかかり、パスワードの入力が必要になります。
また、持ち出したノートPCのカルテデータは暗号化されて保存されます。

メールでのお問合せ

お問合せフォーム

他にもこのようなモバイル端末がございます

Androidタブレット指示受け端末

  • 本体:BizPad(Androidタブレット)
  • 機能:カルテの閲覧、ドクターからの指示内容を確認(指示箋的機能
  • 看護師様にオススメです。

医療支援ソフト(iPad)

  • 本体:iPad、ブラウザベース
  • 機能:カルテの閲覧、経過の入力、処方の入力など(カルテのフル機能はありません
  • 看護師様、理学・作業療法士様、検査技師様などにオススメです。

往診端末ソフト(このソフト)

  • 本体:ノートPC
  • 機能:電子カルテのデータを持ち出し、電子カルテと同じ画面で追記できます。
  • 往診時、自宅での電子カルテ記入などにオススメです。

電子カルテ クライアントソフト

  • 本体:Windows7か8のPC
  • 機能:フル機能の医事とカルテ
  • どなた様にも十分な機能です。

お問合せはお気軽にどうぞ

<本社 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せ・資料請求