中央ビジコム ロゴ
閉じる

突合点検・縦覧点検とは何か、対策は?

支払基金では、平成24年(2012年)3月審査分から、提出されたレセプトに対して「突合点検」「縦覧点検」というチェックを行っています。

概要

「突合点検」・「縦覧点検」とは、簡単に言うと下のような意味です。

突合点検(とつごうてんけん)
クリニックと薬局のレセプトを突き合わせて確認すること。
縦覧点検(じゅうらんてんけん)
同一クリニックにおける、当月と過去複数月のレセプトを照合して確認すること。

突合点検、縦覧点検のフロー図 医院と薬局の作業流れ

支払基金による定義

社会保険診療報酬支払基金のウェブサイトには、下記のように書かれています。(一部抜粋)

社会保険診療報酬支払基金ウェブサイトのイメージ

突合点検

電子レセプトで請求された同一患者に係る同一診療(調剤)月において、医科レセプト又は歯科レセプトと調剤レセプトの組合せを対象とし、医科レセプト又は歯科レセプトに記載された傷病名と調剤レセプトに記載された医薬品の適応、投与量及び投与日数の点検を行い審査委員会で審査決定します。

保険者等への請求額

突合点検により、医薬品が査定となった場合は、査定後の決定点数により算出した額により請求します。

保険医療機関及び保険薬局への支払

保険医療機関の処方せんの内容が不適切であったことによるものか、又は、処方せんの内容と異なる調剤を保険薬局が行ったことによるものかを確認した上で、原則、請求翌々月に支払額を保険医療機関又は保険薬局から調整します。

縦覧点検

同一保険医療機関に係る同一患者において、当月分の医科レセプト又は歯科レセプトと直近6か月分の複数月のレセプトの組合せを対象とし、診療行為(複数月に1回を限度として算定できる検査、患者1人につき1回と定められている診療行為など)の回数などの点検を行い、審査委員会で審査決定します。

また、同一診療年月、同一保険医療機関及び同一患者の医科及び歯科の入院レセプトと入院外レセプトの組合せを対象とし、月1回の算定である検体検査判断料などの点検を行い、審査委員会で審査決定します。

【参考】医療機関・薬局の皆様へ 社会保険診療報酬支払基金
【参考】支払基金サービス向上計画 社会保険診療報酬支払基金

返戻を防ぐには……

正しい診療報酬の請求・支払いのためには欠かせない突合点検・縦覧点検ですが、気をつけていても、レセプトのヒューマンエラーは発生してしまうことがあります。

Medicomなら安心、「点検アシスト」が返戻を防ぎます

Medicomのレセコン・電子カルテには「点検アシスト」という、突合・縦覧点検に対応したミスを防ぐ自動チェック機能が搭載されています。

例えば、

などが自動的に行われ、突合点検・縦覧点検・横覧点検、いずれにも対応可能になっています。

通常の業務フローでチェックされます

「点検アシスト」によるチェック内容は、レセプトのようなイメージ(画面&印刷)で確認できます。ですので、今までどおりの業務フローを変えずにチェックでき、手間が増えません。
またレセプトイメージ以外に入力しながらリアルタイムでチェックがかかるので、常に正確なレセプトづくりが可能です。

詳しくは、こちらのページ【点検アシスト】をご覧ください。

「点検アシスト」搭載のレセコン・電子カルテ

レセプトコンピューター Medicom-HRiV のイメージ

レセコン:Medicom-HRiV

電子カルテ Medicom-HRV のイメージ

電子カルテ:Medicom-HRV

中央ビジコムなら、医療事務にくわしいので安心です

中央ビジコムは1981年からMedicomを販売し、医療機関さまのIT化をサポートしてまいりました。
システムは設置した、使い方も覚えた。それでも運用上の疑問は出てくるもの。こんな時レセプトはどうするの? こういう場合の書き方は?
弊社は医療事務について経験豊富ですので、安心しておまかせください。

お問合せはお気軽にどうぞ

中央ビジコム 企画部 HP担当
TEL:03-3836-1625(直)
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム