電子薬歴のメリット・デメリット

導入が少しずつ進んでいる電子薬歴ですが、導入すると薬局さんにはどんな変化があるでしょうか。
メリット・デメリットをまとめてみました。

電子薬歴のメリット

受付のスピードアップ

  • 薬歴を探す手間がなく、出し入れ・搬送の時間がかからない。
  • 薬歴の行方不明・紛失がおきない。
  • 薬歴の中で情報を検索するのが非常に早い。
  • 薬局の支店間で患者データを共有できる。【関連記事:ファーネットリーチ】

調剤が正確に

  • 医薬品データベースを搭載して、添付文書を参照したり、相互作用をチェックできる。
  • 処方の中で、医薬品・規格・用法などが前回と変わると、画面にわかりやすく表示され、見落としを防げる。
  • ポップアップ表示・画面遷移などの機能を使い、引き継ぎ事項を確実に伝達できる。

服薬指導の質が向上

  • SOAP形式に対応し、指導とヒアリングの抜け漏れを防げる。(メーカーによる)
  • 画面遷移の設定・入力のルール化などにより、薬局内の服薬指導レベルを一定に保ちやすい。
  • 過去の処方薬検索が非常に早い。
  • ネットワーク経由で薬歴を参照できるので、夜間、休日の相談にも対応できる。

薬歴記入がラク

  • キーボードに慣れれば、手書きより入力が早く、疲れない。
  • 定型文入力やセット入力といった、省力化機能がある。
  • 患者名、保険番号、医療機関名、処方内容などはレセコンから取り込めるので入力不要。

データの保管・再利用が容易

  • 薬歴管理のスペースが不要。
  • 過去薬歴が読みやすい。
  • データのコピー&ペーストが可能。

電子薬歴のデメリット

  • 導入にお金がかかる。
  • 使い方を覚えるための学習コストがかかる。
  • 故障する事がある。

紙薬歴のメリット

  • 過去の薬歴をパラパラ眺めるのがやりやすい。
  • 誰にでも使える。

紙薬歴のデメリット

受付~調剤

  • 薬歴を探す、出し入れに時間がかかる。
  • 戻し場所を間違えると薬歴が行方不明に。

服薬指導

  • 指導しながらメモ書きは難しい。
  • メモを紛失する恐れ。
  • 患者さんの取り違えも。

会計後

  • 手書きの清書はたいへん。
  • 紙の薬歴はたまる一方。

弊社お取り扱いの電子薬歴はこちらです

電子薬歴システム:PharnesV-MX

お問合せはお気軽にどうぞ

中央ビジコム 企画部 HP担当
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム