調剤監査支援システム audit

audit全体

調剤監査の新基準!!

  • 高い識別性能と、充実の管理機能を誇ります。
  • カメラとはかりで薬種と数量(錠数)を同時に監査します。
  • レセコンの入力データとピッキングしたお薬を突き合わせるので、監査が確実です!!

監査がカンタン

薬種と数量(錠数)を同時に識別するので、手間がかかりません。また、カメラと計量器により識別するので、非常に高い識別率を誇っています。

audit手順1

表裏・どちら向きでもOK

錠剤ヒートの表裏両方をマスタ登録するので、表裏・タテヨコどちら向きに入れても照合できます。出し入れが簡単です。

audit手順2

複数薬品を一度に監査

トレイに複数の薬品を同時に入れて監査できます。

輪ゴム留めしてもOK

輪ゴムの重量を事前に登録しておくことで、輪ゴム留めしたままの状態で監査できます。

audit手順3

レセコンと突き合わせるので確実!!

レセコンの入力内容と調剤したお薬を突き合わせて監査するので、レセコンの入力ミスも発見できます。

安心の自動データ保存

監査記録は内部のHDDに全て自動保存できるので、患者さんからお問合せがあっても安心です。(監査記録は約6ヶ月分保存可能) 薬剤師さんの精神的な負担も軽減されるのではないでしょうか。

参考:メーカーホームページ(別ウィンドウで開きます)

お問合せはお気軽にどうぞ

<本社 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せ・資料請求