audit BCR(調剤監査システム)

簡単・便利・正確な監査機です。
信頼される薬局づくりと、薬剤師さんのストレス軽減に役立ちます。

audit全体

監査が正確

①バーコードによる薬種確認
②画像撮影による薬種確認
③重量計測による錠数確認
を一度におこなうので、監査が早く正確です。

また、監査結果を処方データと付き合わせるので確実です。

使い方が簡単

監査はトレーに入れて、処方データと照合するだけ

処方した薬をトレーにセットし、全薬剤の種類と数量を一度に識別します。
識別は瞬時に完了するので、監査時間を大幅に短縮できます。

audit手順1

表裏・どちら向きでもOK

錠剤ヒートの表裏両方をマスタ登録するので、表裏・タテヨコどちら向きに入れても照合できます。出し入れが簡単です。

audit手順2

輪ゴム留めしてもOK

輪ゴムの重量を事前に登録しておくことで、輪ゴム留めしたままの状態で監査できます。

audit手順3

バーコードでも識別

バーコード(GS1)でも薬の識別をします。バーコードの無い薬・ピロー包装などは画像にて識別します。

レセコンと突き合わせるので確実!!

レセコンの入力内容と調剤したお薬を突き合わせて監査するので確実です。
レセコンの入力ミスも発見できます。

監査記録は自動的に保存

監査記録は内部のHDDに全て自動保存できるので、患者さんからお問合せがあっても安心です。(監査記録は約6ヶ月分保存可能) 
薬剤師さんのストレス軽減に役立ちます。

小さいので場所をとりません

パソコン内蔵の一体型ボディなので場所をとらず、どこにでも気軽に設置できます。
また、ファンレス構造だから静かです。

参考:メーカーサイト(別ウィンドウで開きます)

お問合せはお気軽にどうぞ

<中央ビジコム 企画部 HP担当>
TEL:03-3836-1625
FAX:03-3836-4925
メール:inquiry@bijicom.co.jp

お問合せフォーム