レセコン選びの基礎知識

レセプトコンピューターをご検討中のクリニック様向け、レセコン選びの基礎知識です。大まかな業界概観としてどうぞ。(電子カルテ選びの基礎知識はこちら

レセコンとは?

クリニックが「レセプト」を作ったり、「レセプト請求」を行うためのコンピューターで、「レセプトコンピューター」の略です。たいていクリニックの受付に置いてありますね。

ドクターが操作することはほとんどないので無頓着な方もいらっしゃるようですが、クリニックの経理関係の業務をになう、たいへん重要な機材です。

Medicom-HRiV

レセプトとは?

クリニックが患者さんに行った保険診療について、クリニックが「社会保険診療報酬支払基金」や「国民健康保険団体連合会」などに請求する、明細書です。「診療報酬明細書」とも言います。

患者さんの氏名・保険者番号や、病名・診療報酬点数などを記入して、毎月の分をまとめて、翌月5日から10日に提出します(これが「レセプト請求」)。レセプトは審査され、承認されると診療報酬がクリニックに振り込まれます。

レセプト請求のフロー

レセプトに間違いがあるとクリニックに診療報酬が入らないので、ミスなく・抜け漏れなくレセプト請求することが大切です。昔は事務員さんにレセプトに関する専門的な知識と事務能力が必要とされていましたが、今はレセコンによる自動チェックがだいぶきくようになっています。

ちなみに昔のレセプト請求は、なんと【紙】しか認められていませんでした。
1999年以後、業務効率化や不正請求防止などの観点から、レセコンの使用(レセプト請求の電子化)が推進され、現在はレセコンの普及率は100%近くになっています。

レセコンの機能

レセコンで行う基本的な業務は、ざっと下記の通りです。

  • 患者さんの受付
  • 診療内容の記録(カルテとは別)
  • 患者さんへの会計
  • 処方せん発行
  • レセプト作成(診療内容を1ヶ月分まとめ)
  • レセプト請求

また他にも

  • 診療予約の受付
  • 保険証のスキャンと取り込み
  • 来院状況の分析
  • 経営分析

などができるレセコンもあります。
クリニック経営にお役立てください。

国内のレセコン普及状況

平成31年2月診療分における、診療所のレセコンの普及率は98.1%でした。(施設の1.9%が紙を使っています)
ほぼ100%のクリニックが、レセプトコンピューターを導入されています。
これから開業するクリニックには、レセコンは欠かせません。

受付のレセコン

どんなレセコンがあるか?

レセコンは大きく2つに分けられます。
日本医師会が出すORCA(オルカ)と、それ以外です。

ORCA

日本医師会が医療のIT化、医療情報の標準化を進めるために開発したレセプトコンピューターが「ORCA」です。
ORCAはオープンソース、フリーソフトのレセコンで、一番の特徴としては、ソフト代がかからないので、導入費用が安上がりにできます。

ただ、サポート体制は導入をお手伝いする会社(ベンダー)によって違うので、同じORCAを使っていても、イザという時の対応は変わってきますから注意が必要です。

  • 【参考】ORCA Project | 日本医師会ORCA管理機構

ORCAロゴ

ORCA以外

国内にはレセコンメーカーが数十社あります。
ORCA以外のレセコンは、一般的な傾向としてORCAより価格が高めで、機能が充実しています。

また、導入業者(ベンダー)も医療事務に詳しいことが多く、サポート能力が高いでしょう。
というのは、ORCAベンダーはシステム会社出身が多いですが、他のメーカー製レセコンのベンダーはもとから医療系であることが多く、医療事務に詳しいことが多いからです。

ちなみに ORCA 以外のレセコンは、下のページだけでも20種類くらいあります。

レセコンメーカーは寡占状態

国内のレセコンは上位数社が全国シェアの大半を占めており、だいぶ寡占が進んだ状態になっています。(上位2社でシェアの半分以上、上位5社でシェアの3/4以上を占める。)

具体的には、日本で最初にレセコンを作ったPHC(当時は三洋電機)が先発優位をいかして全国シェア1位、医師会をバックにORCAがその後を追っている、という状況です。

レセコン全国シェア1位のPHC

ちなみに、クリニック向け電子カルテも同じような状況です。

レセコン選び、基本の考え方

まずは電子カルテをどうするか決めてから

新規開業クリニックの場合、レセコンの機種を選ぶより先に、ドクターが電子カルテを使うか決めた方が良いでしょう。

電子カルテを導入するのであれば、電子カルテの機種を選ぶと、自然と使えるレセコンが絞り込まれます。多くの場合、電子カルテは接続できるレセコンが限定されています。レセコンを先に決めてしまうと、ドクターが使いたい電子カルテを接続できない、ということになりかねません。

「今後ぜったい電子カルテを使わない!」というクリニックであればレセコンのことだけを考えれば良いですが、「将来的には電子カルテを使うかも」という場合は、その電子カルテを接続できるレセコンにしておく必要があります。

将来、乗り替えることもできます

一度導入してしまっても、レセコンだけであればメーカー変更はそれほど大変ではありません。普通の使い方をしている分には、患者情報などのデータ移行はスムーズに行えます。(電子カルテのメーカー変更はかなり面倒です)
私たちも時々、開業済みのクリニック様から、レセコンのメーカー変更のご相談を受けることがあります。

レセコン選びのポイント

レセコンの導入効果を確認

レセコンはただ単に会計したり、オンライン請求するだけの機械ではありません。使うシステムによっては院内業務がラクになったり、患者満足度を上げたりすることもできます。また、クリニック経営に関するサポート機能を搭載しているメーカーもあります。

以下がよくあるレセコン導入のメリットです。ご検討中の機種ではどうなっているか、チェックしてみると良いでしょう。

レセコン導入のメリット

  • チェック機能でレセの返戻を防ぐ(参考:弊社の場合
  • 患者さんの予約を受付
  • 受付業務を効率化する
  • 会計をスピードアップ(患者満足向上)
  • ドクターの業務をサポート
  • 災害時のバックアップ

事務担当の方や、開業済みのドクターなどにヒアリングすると、どんな機能が便利か、よく分かるでしょう。
営業担当社にもどうぞお気軽にお尋ねください。診療科やエリアに合わせて、オススメのシステムをご提案いたします。

ちなみに弊社の場合、レセコンに関するお問い合わせとしては、レセプトの自動チェック機能「点検アシスト」についてが一番多く、オプションに関しては「保険証読み取りスキャナー」についてのお問い合わせが多いです。

サポート体制を確認

サポート体制については、少し聞いただけでは販売店ごとの違いがわかりにくいかもしれません。下のような点を確認すると、違いがハッキリする場合が多いようです。

チェックポイント
  • システム導入時、使い方の説明はどうやる?
  • 困った時の対応方法と受付時間は?(電話だけか、来てくれるのか)
  • 故障した時の対応方法と受付時間は?(センドバックやスペアパーツ持参など)
  • 停電時の対応は?(無停電電源装置やデータバックアップなど)
  • 災害時の対応は?(データバックアップや代替機など)

レセコンの価格

私どもが販売しているレセコンですと、一式でだいたい200万~300万円くらいです。(ソフト・ハードもろもろ一式全て含めて)
これはパソコン2台~3台の場合ですが、パソコンの台数やオプション内容によって金額がずいぶん変わりますので、ご要望に応じてお見積させていただいております。
ぜひお気軽にお問合せください。

レセコン導入の参考に

他にもこういったページがございます。ぜひご覧ください。

お問合せはお気軽にどうぞ

中央ビジコム HP担当