全国シェア1位のPHC製、電子カルテ・電子薬歴・レセコンの正規販売代理店 ウェブ体験 資料請求 TEL: 03-3836-1625

電子カルテ導入に必要な機材いろいろ

2018/05/02

クリニック様が新規開業で電子カルテを導入する際、一般的に必要とされる機材をまとめました。
大まかに、下記のような機器が必要になります。

主な機材

パソコン

主に Windows のパソコンが必要です。(まれに Mac や Linux も使用可能です)
必要最低限の構成としては、受付にパソコン1台(レセコンとして)、診察室にドクター用に1台(電子カルテとして)、の合計2台が必要です。診察室が複数ある場合は、その数ぶんだけ増やす必要があります。

また、マシン性能は作業効率に直結するので、なるべく高スペックのマシンを使うことをおすすめいたします。

モニター

パソコンの台数プラスアルファ、モニターが必要です。プラスアルファというのは、パソコン1台につき複数のモニターを使う場合があるためです。

ドクターが使う電子カルテの画面には、タッチパネル式の液晶モニターが使われることもあります。入力をタッチペンで行ったり、指で画像を拡大縮小するなど、直感的に操作することができます。

また診断用画像を表示するため、専用のモニター(普通のモニターより高額です)を追加して、電子カルテの横に並べる場合もあります。

周辺機器

プリンター

処方せん、領収書、紹介状などの各種書類や薬袋などを印刷するためにプリンターが必要です。
一般的に、インクジェットプリンタ=少量印刷向き(本体価格が安くて、インク代が高い)、レーザープリンタ=大量印刷向き(本体が高くて、大量印刷が割安)、です。

スキャナー

紙資料や画像などをデータとして取り込むのに使います。
プリンタ一体型のスキャナーもありますが、ある程度スキャナーを使うのであれば専用機がおすすめです。
一般的にプリンタ一体型などのフラットヘッド型は場所をとり、スキャンが遅いことが多く、複数枚の原稿をスキャンするのに手間がかかります。専用機であれば原稿をフィーダーにセットするだけでまとめてスキャンできます。

外付HDD(ハードディスク)

画像データなどをパソコンの外部に保存したり、システムのバックアップ用として使います。ハードディスクを使う場合はRAIDを組んで、ディスクの破損に備える必要があります。
バックアップにはクラウドという選択肢もあります。

【参考】
RAID(Wikipedia)
ネットワークバックアップ(クラウド)

ちなみに、ハードディスクは消耗品と考え、4~5年を目安に交換することをおすすめいたします。

無停電電源装置(UPS)

災害時などコンセントからの電気が切れてしまった瞬間、電子カルテに給電して、データを保存する時間を作ります。給電が数分しかもたないことも考えられますから、停電したらすぐにセーブしましょう。
パソコン1台につきひとつ接続するので、パソコンの台数分必要になります。

停電などがなくても、通電しているだけでパッテリーが少しずつへたって来ますから、4~5年を目安に交換することをおすすめいたします。保証されている可用年数は製品により違うので、導入時に確認しておきましょう。

インターネット回線

電子レセプト請求、システムアップデート、クラウドバックアップなどにインターネットを使います。
ただしセキュリティを確保するため、接続先が固定・制限されたり、自由にネットサーフィンできないように設定する場合が多いようです。

ルータ

インターネットと接続するための通信機器です。

ハブ

院内ネットワークを作るために、ケーブルの接続口を増やす機器です。

以上が電子カルテ導入に必要な、主な機材です。
その他、皮ふ科であれば症状を記録するデジカメ、整形外科であれば院内のやりとりに便利なタブレット(AndroidやiPad)などを追加することがあります。

電子カルテと接続するもの

電子カルテは各種医療機器や、外部の会社とも接続し、連携することができます。
ドクターの手元で各種データを一元管理できるので、たいへん便利です。

医療機器

外部連携

MENU