電子カルテ導入に必要な機材いろいろ

2018/05/02

クリニック様が新規開業で電子カルテを導入する際、一般的に必要とされる機材をまとめました。
ざっくり下記のような機器が必要になります。

主な機材

パソコン

主に Windows のパソコンが必要です。(まれに Mac や Linux も)
最低限の構成としては、受付に1台、診察室に1台、合計2台が必要です。

モニター

パソコンの台数プラスアルファ、モニターが必要です。
電子カルテには、タッチパネル式の液晶モニターが使われることもあります。
また診断用画像を表示するため、専用のモニターを追加して、横に並べる場合もあります。

周辺機器

プリンター

処方せん、領収書、紹介状などの各種書類、薬袋などを印刷するためにプリンターが必要です。
一般的に、レーザープリンタ=少量印刷向き、インクジェットプリンタ=大量印刷向き、です。

スキャナー

紙資料などを画像として取り込むのに使います。
プリンタ一体型もありますが、スキャナーをよく使うのであれば専用機がおすすめです。
(一般的に、フラットヘッド型は場所をとり、スキャンが遅いことが多いです。)

外付HDD(ハードディスク)

画像などのデータ保存用や、バックアップ用として使います。
クラウドという選択肢もあります。

【参考】ネットワークバックアップ(クラウド)

無停電電源装置(UPS)

突然の停電や、落雷などによる電源トラブルの対策として重要です。
コンセントからの電気が切れてしまった瞬間、電子カルテに給電して、データを保存する時間を作ります。
(数分しかもたないこともあるので、すぐにセーブしましょう。)

インターネット回線

電子レセプト請求、システムアップデート、クラウドバックアップなどにインターネットを使います。
セキュリティ対策として、ご家庭用とは別に、医療専用の分を契約することをおすすめします。

ルータ

インターネットと接続するための通信機器です。

ハブ

院内ネットワークを作るために、ケーブルの接続口を増やす機器です。

以上が電子カルテ導入に必要な、主な機材です。
その他、皮ふ科にはデジカメ、整形外科にはタブレット、などを追加することがあります。

その他

電子カルテは各種医療機器や、外部の会社とも連携することができます。
ドクターの手元で各種データを一元管理でき、たいへん便利です。

医療機器

外部連携

MENU